これだけ知っておけば大丈夫!信用取引の基礎知識

大きなお金を動かせる信用取引

信用取引とは、自分が信用するに値する存在だということを証券会社に認めて貰うことで、手持ち資金以上の大きなお金を動かせるようになる取引のことです。現金30万円か、それに類する金融資産を証券会社に担保として預けることで利用可能になります。では、どれだけのお金を動かせるのかというと、上限は手持ち資金の3倍です。つまり、30万円を持っている場合、最大90万円の株を買うことが出来ます。このテコの原理を意味するレバレッジ効果こそが信用取引最大の特徴であり、大きな魅力とリスクを内包しています。現金取引に比べて危険は大きくなりますが、上手く使いこなせば短期間に巨額の利益を出すことも夢ではないでしょう。

下落トレンドにもしっかり対応出来ます

信用取引のもうひとつの特徴が、下落トレンドにも対応して利益を出せることです。通常の現金取引においては、株が安い時に買って高くなったら売ることしか利益を出す方法はありませんが、信用取引なら空売りが可能です。空売りとは、現在の相場で証券会社から株を借りて売却し、後に買い戻す取引を指します。つまり、借りたときよりも株価が下がれば利益を出すことが出来ます。このようなことは現金取引では不可能であり、まさに信用取引ならではの強みと言えるでしょう。不景気が続き株価が下がる一方の相場においても、信用取引であれば対応して、しっかりと利益を出すことが可能です。

国によって定められているルールとは

極めて自由度が高く、どのような相場であっても利益を出せることが魅力の信用取引ですが、いくつかのルールがあるので注意が必要です。ひとつは、半年以内に精算しなければならないというルールです。現金取引であれば何年でも持っていられますが、信用取引においては半年以内にポジションを解消しなければなりません。これは信用買いと空売りいずれにおいても当てはまります。もうひとつが追い証と呼ばれる追加保証金の存在です。たとえば、現在借りている株式が何らかの事情で暴落して資産価値を毀損したら、その穴埋めを一定期間以内に現金で支払わなければなりません。これが出来ないと、強制的に株式を売却されてしまいます。ですがどちらのルールもそれほど恐れる必要はありません。リスク管理がしっかりしていればまず無縁と言えるでしょう。

信用取引とは、主に株取引で所有している株や自己資金を担保にして、信用によって担保の約3倍の株の売買ができる株取引の方法です。これで、多額の取引が可能になります。