専門学校へ進学する事のメリットとデメリット

やりたい事が明確なら突き進める!

四年生大学と比べ、専門学校への進学はより一つの分野に関しての専門性や実践力がつくと思います。私は明確にやりたい事がなく四年生大学へ進学しました。選んだ学部は一番勉強したいと思う事でしたが、極めことはなく就職先も全く違う分野を選びました。しかし、その様な方は多いのではないでしょうか。逆に、専門学校へ行った知り合い達は美容師学校なら美容師へ、看護学校から看護師へと選んだ分野に進んで行った人がほとんどです。やりたい事があるなら、進学の段階で的をしぼるのは懸命かと思います。

本当に突き進める事か?一度考えてみる。

専門学校を出るとやはり、その分野のお仕事にしかつけないのが現実です。途中で挫折してしまうと一からのスタートになってしまいます。なので、それなりの覚悟が必要かと思います。逆に、それでも突き進んでやる!という覚悟があるのなら、専門学校で特定の分野を学ぶ事があなたに合っているのではないでしょうか。苦労した下積み時代は、人を強くします。一度、自分が進みたい専門分野についてしっかり調べ、体験談なども参考にしてどうするべきか考えてみて下さい。

専門学校は在学中がとても忙しい!

専門学校は大学と違い一日中授業があるところが多いようです。その為、サークル活動やアルバイトをする時間が大学生と比べるとなかなか取れないのが現実です。「若い時は遊びたい」そんな気持ちは誰にでもあるかと思います。しかし、遊びをとるか自分の夢を追い求めるか選ぶのはあなたしかいません。私は大学を卒業し就職して今に至りますが、大学時代に努力という事をあまりしなかったのでとても後悔しています。もっと頑張れば良かった、、そんな後悔をしないように今後の人生と向き合ってみて下さい。

ゲームの専門学校ならば、デザインやプログラミングなど、さまざまな技術を身につけることができます。ゲーム業界で働くことを希望している方にぴったりです。