相続税を少しでも減らしたいなら税理士に相談を!

税理士なら節税対策についてアドバイスをくれる

人によっては、相続税はとても高いものとなります。故人の資産額が大きければ大きいほどに、相続税の額もアップしていきます。多い場合には、数億円という巨額の税金を支払う必要が出て来るケースもあります。さすがに莫大な金額になるので、できることなら少しでも減らしたいものですよね。自分で相続の申告をすると、どうしても満額取られてしまいます。払う必要のないお金まで払ってしまうことがあります。相続税が大きくなりそうなら、税理士に頼んで節税に努めるのがいいでしょう。

代表的な節税対策の具体例は?

相続税は、相続をしてしまうから税金として取られてしまうわけですね。ですから、相続をしないのが一番の対策になります。これは相続の放棄をしろというのではなくて、すべて生前贈与で済ませておくのが賢いという意味です。生前贈与なら、相続税ではなくて贈与税が取られることになりますが、一年間に贈与する額が自分でコントロールできるので、税金を抑えることは簡単にできます。ただ、どうすれば効果的に節税対策の生前贈与ができるかは、税理士に聞かなければ分からない部分もあるでしょう。

不動産を使った相続税対策の方法

お金をそのまま相続するよりも、不動産に変換して相続した方が、相続税がお得になるケースが多いです。なぜなら、不動産は購入してすぐでも、評価額は八割程度になるからです。時間が経つとされに評価額は下がっていきます。評価額が下がると、もちろん相続税も下がっていきます。高層マンションなら、物件の価格に対して評価額がさらに下げられるケースもあります。高層マンションの場合には、所有する土地の割合が非常に狭くなりますから、その分評価額が減らせるわけです。

相続の申告は、自力で行うことが難しいと感じることがあります。そのような場合には、相続の申告を税理士に依頼する方法がおすすめです。親身になって対応してもらえます。