ファンドラップの特色と信託との違いとサービス内容

ファンドラップの特色

ファンドラップは投資信託を運用する時に、プロからアドバイスを受ける事が出来ます。これが顧客にとって、付加価値になります。利用する時のコストとしては、通常と同様に信託報酬がかかるようになっています。手数料は購入する時にはかからないですが、代わりに一定額のファンドスラップフィーが契約資産の時価評価額に応じて徴収されます。本サービスを利用する時には、ファンドラップが信託報酬に加えて必要です。投資金額の2%前後が合計でなりますので、毎年支払いをしてまで行う価値の判断をした方が良いです。

投資信託とファンドラップの違い

投資信託の運用は、全てファンドの管理から見直しまでを行わないといけないです。ファンドラップは、ファンドをプロが組み合わせてくれて選定やモニタリングやアドバイスまでを行ってくれます。投資信託と比べますと、個人で受ける事の出来る機関投資家向けの運用サービスになります。ポイントとしてはファンド選定を投資のプロが支援してくれて、ファンドのモニタリングも万全です。またリバランスやポートフォリアが、市場環境の変化に応じて組み換えが可能です。

ファンドラップのサービス内容

ファンドラップは1人で運用するよりも、プロのコンサルティングを受けると長期分散投資を専門知識がある上で行えます。付加価値の対価として、資金がある程度あり限られた時間を効率的に使うために手数料を支払っても本サービスを利用する事も1つの方法です。サービス内容としては、投資信託を通じて顧客の運用方針に基づいて資産を一任を運用するサービスがあります。運用対象は、投資信託がファンドラップのために選定されたものです。

ファンドの会社の選び方をマスターするために、多くの個人投資家の口コミや雑誌のランキングを活用することがおすすめです。